上手にニキビ跡をカバーするには?

メイクで簡単にニキビ跡消す方法

ニキビができるとメイクで隠したくなりますが、メイクをすると悪化するイメージがありますよね。しかし、悪化させずに隠す方法があるのです。ニキビはメイクそのものよりも、メイクの時に触ってしまうことが悪化に繋がります。

それでは、4つの上手な隠し方を紹介したいと思います。

1.ファンデーションで隠す方法

コンシーラーを厚塗りする方法ならしっかりニキビを隠すことができます。しかし、その方法だとニキビに何度も触れるのことになるので、悪化を招く恐れがあります。それにコンシーラーは油分が多いので、ニキビに良いとは言えません。

そこでオススメしたいのが、薄付きのパウダーファンデーションです。顔と平行にブラシを取って、フワフワと優しくつけてください。それでもニキビが目立つなら、ファンデーションをコンシーラーのように薬指にとり、優しくニキビに乗せましょう。この時、触るのは1~2回までにしてくださいね。

2.ニキビ跡を隠したい!

ニキビ跡はニキビを悪化させる心配がないので、簡単に隠すことができます。色素沈着にはコンシーラーや、BBクリーム、ファンデーションを重ねてぬることで目立たなくなります。クレーターになったニキビ跡はシリコンタイプの下地で凹凸を滑らかにします。

そしてラメやパールが入っているパウダーで反射させるといいでしょう。メイクの後には必ずしっかりメイクを落としてください。油分の少ないジェルタイプがオススメです。

3.ポイントメイクで視線をそらす!

目や唇にはニキビができません。目元を印象的にしたり、リップを可愛らしくすると、ニキビから視線をそらすことができます。

4.小物とヘアアレンジを活用する

今やマスクもファッションの一部として定着しましたね。しかし、マスクでニキビを隠してしまうと、悪化を招きます。伊達眼鏡やサングラス、ヘアアレンジなどで視線をそらす方法がオススメです。これらに共通して言えることは、ニキビに極力触れないこと。悪化させずに隠すテクニックで快適に過ごしましょう。