チョコやナッツとニキビの関係

少し前まではニキビの元となる食べ物として、チョコレートやナッツが挙げられてきましたが、研究を重ねた結果、何か特別な食品が元で、ニキビが生まれることはないと判明しました。

食事によってニキビが出来るわけではありませんが、お肌のターンオーバーと食事は密接な関わりがあるために、ニキビを作らないためにもバランスの取れた食事を摂取することは重要だといえます。

なぜチョコレートやナッツがニキビが生まれる元になると考えられていたかというと、この二つの食品はたくさんの脂質を持っているからです。皮脂が毛穴に詰まってしまう事でニキビが生まれますが、昔は脂質を多く食事から摂ることと皮脂量は比例すると考えられていました。

ですがあるときペンシルバニア大学を始め、色々な学者たちがチョコを摂取するとニキビが発生するか否かの研究を始め、その結果、チョコを食べることとニキビが生まれることの因果関係はない、という答えが出たわけです。

他にもアメリカの食品医薬局などでも、「科学的に、チョコレートを食べるとニキビが生まれるという根拠はない」という考えを表明しています。

とはいえこれらは一般論と言えるかもしれません。人の肌質は色々な種類がありますし、日によってコンディションも違うからです。万が一今までの自分の傾向からして、チョコやナッツを口にすると覿面にニキビが生まれる、といったケースでは、食べるのを避けた方がいいかもしれませんね。

決まった食品がニキビの元となることはなかったとしても、バランスの取れた毎日の食事はニキビ予防に重要な意味を持っています。ターンオーバーがダウンしたお肌というものは、ニキビの温床になりやすく、免疫力も落ちてしまいがちです。

古い角質が排出されにくくなり毛穴を詰まらせてしまうこともありますし、お肌の免疫力が低くなればニキビを繰り返したり、治癒も遅れます。正しいターンオーバーを目指すのであれば、ビタミンやミネラルを積極的に摂る事が大切です。

上記の栄養素が不足していたり、糖分過多な食生活を送っているとニキビは生まれやすくなり、重症化してしまうこともあります。チョコレートやナッツ類は便通を滞らせるきっかけにもなりやすい食べ物ですので摂取しすぎないよう荷気をつけながら、また、食物繊維を積極的に食べるようにして下さい。

ページの先頭へ