間違ったスキンケアであごにニキビができる?!

ニキビというとTゾーンと鼻まわりにできやすいイメージがあると思います。しかし、あごもニキビができやすい部分であることをご存じでしょうか。手や指先が触れやすい部分なので、細菌が付いてしまい、治りが悪く、繰り返しできやすいのです。思春期ニキビとは異なる、大人ニキビの一つだと思ってください。

まず、大きな原因の一つとして、ホルモンバランスの影響が考えられます。特に女性は性周期によって絶えずホルモンバランスが変化しているので、お肌もその影響を受けやすいです。

中でも女性ホルモンの一つであるプロゲステロンという黄体ホルモンは、皮脂の分泌を盛んにするという働きがあります。

男性の場合は、元々男性ホルモンの影響を受けて皮脂の分泌が盛んです。皮脂汚れがたまりやすいということもありますし、あごはヒゲを剃る時に剃刀などによって傷つけられやすい部分です。

また、紫外線もニキビができる原因となります。あごは紫外線にさらされやすいのですが、紫外線対策がきちんとされていない場合が多いので、気をつけたいところです。

他には冷え性や内蔵の働きが低下すると、ニキビができる原因になります。これらはニキビの原因とは関係のないように思われがちですが、ニキビは体調全般が関係してくるので、自分の体調や生活と向き合ってみるといいでしょう。

次に、スキンケアについて触れたいと思います。男女共通して言えることですが、ケアをしっかりしているつもりでも、あごやフェイスラインのケアが行き届いていない場合が多いようです。

洗顔料が顔に残っていたり、保湿化粧品をしっかり塗布できていないのであれば、ケアの方法を見直したほうがいいでしょう。洗顔時には皮脂汚れをしっかり落とすようにしてください。特にあごにニキビができている時にしっかり洗顔をしていないと、繰り返しできてしまう原因となります。

男性でヒゲを剃る場合は、その後の洗顔と保湿ケアをきちんと行うように心がけましょう。しっかり洗顔をするだけではいけません。保湿ケアを怠ると肌の内側が乾燥し、皮脂の分泌が活発化してしまいます。

ページの先頭へ